造顔マッサージやり方

シワやたるみ、ほうれい線に効く造顔マッサージのやり方

シワやたるみ、ほうれい線に効く造顔マッサージのやり方

気になるほうれい線や顔のたるみ。
フェイスラインのたるみに効く造顔マッサージ。

 

造顔マッサージと聞くと、とても難しそうで不安ですが、ちゃんとしたやり方をマスターすれば自分でも十分できるものです。簡単にいえば顔に溜まった凝りや老廃物を、リンパの流れに沿ってマッサージするというものです。

 

痛気持ちいいぐらいの圧をかけて行います。強すぎるとしわができやすくなってしまうので、ゆっくりと正しくやることが効果を実感する秘訣です。

 

リンパは必ず、こめかみから首筋、鎖骨へ流します。三本の指を使うとやりやすいです。しわやたるみの場合は顎に指をおき、鼻筋を通って目頭へ皮膚を持ち上げます。

 

口周りのたるみやほうれいせんは、顎と口角、鼻の下、小鼻の横をプッシュします。簡単ですが、無理なく毎日続けることが大事です。顔の肉を全て上へ持ち上げることが重要なポイントとなります。

 

↓↓こちらの動画で造顔マッサージのやり方が詳しく説明されています。
言葉よりも目で見ながら試してみてください。

 

 

 

造顔マッサージだけではシミは消せない!造顔マッサージに使用するゲルは美白効果のあるもので!

シワやたるみ、ほうれい線に効く造顔マッサージのやり方

マッサージをすると、普段使われていない筋肉を刺激し血流も良くなるので、肌が温まり老廃物が流れやすくなるのがメリットです。しかし、ただ流れを意識したマッサージでは、シミを消すことはできません

 

むしろ、強く顔をこすりすぎると、摩擦によってシミの原因になることもありえます。肌は皮膚を守る際メラニン色素を作ってしまうので、シミが気になるからとゴシゴシこするのは逆効果なのです。

 

シミを作らないためには、造顔マッサージの際に美白効果のあるゲルの使用をおすすめします。ゲルなので滑りが良く、強すぎて痛いこともありません。

 

摩擦も最小限に抑えられます。

 

造顔マッサージでほうれい線やたるみだけでなく、シミも消したい場合は、ホワイトニングリフトケアジェルがおすすめ。

 

このゲルは、マッサージのできいるオールインワンゲルで、臨床試験の結果、シミへの効果がみられた!と認められている化粧品なんです。
濃厚なテクスチャなので、肌を傷めてシミや色素沈着を作らせる心配もありません。

 

>>造顔マッサージに最適なホワイトニングリフトケアジェルの詳細はこちら