ホワイトニングリフトケアジェルしみ消えない

ホワイトニングリフトケアジェルでシミが消えない人がいるのはなぜ?

ホワイトニングリフトケアジェルでシミが消えない人がいるのはなぜ?

シミウスゲルを使ってもシミが消えない理由はいくつかありますが、まず一つ目が昔からあって濃くなっているものをすぐに薄くしたいと考えているようなことです。長い年月をかけて濃くなったものですので、薄くなるのもある程度の時間がかかります。ですので、ゲルを使うことで劇的に解消されると考えていると消えないと感じてしまうのです。

 

もう一つの理由が、美白マッサージを継続して行っていないことです。このゲルはマッサージをしなくても効果を得ることができるものですが、本気で対策をしたいのであればマッサージは欠かせません。

 

忙しい朝が難しかったとしても、最低、夜寝る前にしっかりとマッサージを取組むことが効果を実感するためには重要なのです。

 

 

気長に使っていくことでシミも減少していきます。

シミウスゲルは使えばすぐに効果があらわれるというわけではないため、途中で効果がないと判断してやめてしまう方も少なくありません。しかし、肌のターンオーバーの仕組みを考えれば、気長に使っていくことが必要だというのが分かるはずです。

 

なぜなら、シミウスゲルは肌のターンオーバーを促進させて、シミの原因となるメラニン細胞を排出させることで、シミを薄くさせていくからです。つまり、肌のターンオーバーにかかる日数が、効果のあらわれ方にも大きな影響があるといえます。

 

しかし、肌のターンオーバーにかかる日数というのは加齢によって長くなっていくもので、20代の頃は28日程度ですが、30〜40代では45日程度、50代を越えるとさらに長くなってしまいます。そのため、年齢が上がれば上がるほど肌のターンオーバーにかかる日数が増えることから、シミウスゲルの効果が実感できるようになるまでも日数がかかるといえるのです。

 

ですので、1ヶ月程度使っただけで効果がないと決めつけてしまうのは尚早だといえます。20代から30代の方でも3ヶ月から半年程度、それ以上の年代の方は短くとも10か月程度は様子を見て、効果の有無を判断するとよいでしょう。

 

>>長く使えばシミへの変化も倍増!メビウス製薬のシミウスジェルの詳細はこちら